「別れの曲」シネマ&リサイタル 近藤嘉宏 plays ショパン&リスト

12月8日(水) 13:00開演

ショパンの愛と青春を描いた名作映画上映と、日本を代表するピアニスト近藤嘉宏によるリサイタル。2部構成で贈るプレミアムイベント!

第1部は、ショパンの愛と青春を描き、エチュード第3番が「別れの曲」と呼ばれる由来となった、音楽伝記映画の名作「別れの曲」の上映。
第2部は、日本を代表するピアニストとして国内外で活躍する近藤嘉宏のピアノ・リサイタル。ショパン&リストのプログラムで、映画で使われた曲をはじめ、名曲の数々をたっぷりと演奏する。

〈出演〉近藤嘉宏(pf)

〈チケット〉10月1日(金)10:00よりひまわりの郷窓口、電話受付は14から発売開始
全席自由 前売4,000円 当日4,500円(各税込)※未就学児の入場不可

その他チケット販売については樂画会チケットデスクまでお問い合わせください。

・チケットぴあ ・イープラス

・樂画会チケットデスク 03-3498-2508(平日9:30~17:30)

【一般の問合せ先】樂画会(がくがかい)03-3498-2508
公式HP https://gakugakai.net 

[第1部] 映画「別れの曲」上映
ショパンの愛と青春を描き、エチュード第3番が「別れの曲」と呼ばれる由来となった幻の音楽伝記映画!
1934年に制作されたこの映画は、日本でも公開され大ヒットとなりました。
劇中にはショパンの名曲がふんだんに使われ、特に《エチュード第3番ホ長調》はメインのテーマ曲として映画と共に人々の心に残り、以来日本ではこの曲が《別れの曲》と広く一般に呼ばれるようになったと言われています。

監督:ゲツァ・フォン・ボルヴァリー
出演:ヴォッルフガング・リーベンアイナー、ハンナ・ヴァーグ、シビル・シュミッツ、ハンス・シュレンク、ほか
(1934年/ドイツ映画/日本語字幕付き/91分)

[第2部] 近藤嘉宏ピアノ・リサイタル
演奏予定曲(順不同)
ショパン
・ワルツ第3番 イ短調 Op.34-2「華麗なる円舞曲」
・ノクターン 嬰ハ短調 遺作
・幻想即興曲 Op.66
・舟歌 嬰ヘ長調 Op.60
・バラード 第1番 ト短調 Op.23
リスト
・悲しみのゴンドラ 第1稿 S.200
・コンソレーション第3番 変ニ長調 S.172-3
・「ノルマ」の回想 S.394

〈近藤嘉宏プロフィール〉
川崎市生まれ。桐朋学園大学を首席卒業。1987年日本音楽コンクール第2位。大学卒業後ミュンヘン国立音楽大学マイスターコースにおいて名匠ゲルハルト・オピッツのもとで研鑚を積み、92年ミュンヘン響との共演でデビュー。国内では95年に正式にデビューし、翌96年にはCDデビューを果たして一躍注目を浴びる存在となる。以来、日本を代表するピアニストとして第一線で活躍。これまでDenon、Philips、Deccaをはじめとする数多くのレーベルから30タイトル以上のCD及びDVDを国内外でリリースしている。
1998~2008年にかけてフェスティバルホール(大阪)で行った合計20回に及ぶリサイタル・シリーズや、1999年にショパン没後150年を記念して全国各地で行った大規模なツアーは絶賛を博し、驚異的な動員数を記録。2001年チョン・ミョンフンの主宰する「セブン・スターズ・ガラ・コンサート」に出演。海外においても充実した演奏活動を展開し、2004年にカーネギーホール、2006年にはウィーン・ムジークフェラインでリサイタルと、海外の主要ホールでも相次いでデビュー。2016年、ムジークフェライン大ホールにベートーヴェンのピアノ協奏曲「皇帝」でデビュー。国際的にも高い評価と支持を得ている。
2017年より、それまで不可能と言われていた松竹映画「砂の器」シネマコンサートの上演においてピアノ協奏曲「宿命」を含むピアノ・ソロを演奏し大成功を収め、以後再演を重ねている。これまでに数多くの国内外のオーケストラに客演し、ネーメ・ヤルヴィ、トーマス・ザンデルリンク、クリスティアン・マンデアル、外山雄三、広上淳一など多くのマエストロと共演を重ね、その音楽性に厚い信頼が寄せられている。